東京大学

科学技術振興調整費

トップページ成果報告履修生・修了生

成果報告

履修生

APEILへの応募状況と選考結果

2010年4月、第3回目となる環境リーダー候補生の募集を、新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラム(GPSS)と、工学系研究科都市工学専攻(UE)の大学院生に対して行いました。合計32名(GPSS15名、UE 17名)の応募があり、英文エッセイの審査により計26名(GPSS 14名、UE 12名)が選出されました。

2010.4月現在のAPIEL登録学生内訳は下記のとおりです。(履修生:59名、修了生:2名、合計61名)

  2009.4登録 2009.10登録 2010.4登録
GPSS

修士: 12名 

(日本人4名, 留学生8名)

博士: -

修士: 3名

(日本人0名, 留学生3名)

博士: 1名

(日本人0名, 留学生1名)

修士: 14名

(日本人4名, 留学生10名)

博士: 0名

UE

修士: 7名

(日本人6名, 留学生1名)

博士: 6名

(日本人2名, 留学生4名)

修士: 5名

(日本人2名, 留学生3名)

博士: 1名

(日本人0名, 留学生1名)

修士: 7名

(日本人4名, 留学生3名)

博士: 5名

(日本人0名, 留学生5名)

また、計24の国籍の学生が登録しており、履修生の国別人数は下記のとおりです。
Australia 1, Bangladesh 2, Bhutan 1, Bolivia 1, Brazil 1, Cambodia 1, China 7, Columbia 1, Dominica 1 , Ethiopia 3, France 1, Indonesia 1, Ireland 1, Japan 21, Korea 1, Madagascar 1, Mongolia 1, the Philippines 5, Portugal 1, Sri Lanka 2, Switzerland 1, Thailand 1, USA 1, Vietnam 2.

※第4回目の募集は、2010年10月を予定しております。

修了生

APIELでは2009年3月に2名の学生がコースを修了し、「環境リーダー」として認定されました。

  2009.3修了
GPSS

修士: 2名

(日本人1名, 留学生1名)

博士: 0

UE

-

修了生の国籍:インドネシア1、日本1

修士論文の題目はこちら