東京大学

科学技術振興調整費

トップページCSRシンポジウム

APIEL公開シンポジウム

公開シンポジウム

企業の社会的責任(CSR)を通じた社会連携:

地球のサステイナビリティに向けたアクション

プログラムはこちら。お問合せは、Eメール、または電話 03-5841-6249 まで

本シンポジウムでは、学会、産業界、公共部門における「企業の社会的責任(CSR)」分野の第一線の専門家が、多様なステークホルダーと協同で実施しているCSR活動の成功例について紹介するとともに、将来に向けての活動展開やそのためのリーダー育成について議論するものである。具体的には、企業・団体戦略の視点から、いかにして、企業・団体がそのCSR活動を効果的に企業・団体活動そのものに統合していくか、企業・団体の内外に見える形でそれぞれのプロジェクトを成功させるか、長期的な企業・団体の持続性のための新興市場参入の可能性を評価するのか、その実現のために求められる人材育成のあり方はどのようなものか、参加者と議論する。さらに、東日本大震災等の大災害からの復興に際して企業・団体が果たす社会的責任と求められるリーダー像についても議論する。

登壇者

開会ご挨拶

東京大学 理事  江川雅子

東京大学大学院新領域創成科学研究科 _ky教授______________________環境リーダー育成プログラム チーフコーディネーター   味埜 俊

基調講演

シュアン・サドレガジ氏 (Shuan SadreGhazi) 

     オランダ・マーストリヒト大学大学院MERIT-UNU  研究員 

     国連開発計画GIM(Growing Inclusive Markets)イニシアティブ 研究員

講演: 「包括的ビジネス: プライベートセクターによる開発への貢献の新たな展望 ( Inclusive Business: A New Perspective on Private Sector Contribution to Development)」

パネル登壇者 および 発表タイトル
    • 堀田隆之 三洋電機 経営企画本部 渉外部担当課長

      「命を救う希望の灯火 – ソーラーランタン」

    • 本浄勢一 株式会社クボタ コーポレート・コミュニケーション部社会活動推進室
    • 「クボタグループの社会貢献活動について」

    • 関正雄 損害保険ジャパン 理事CSR統括部長
    • 「適応(Adaptation)と緩和(Mitigation)~損保ジャパンの取り組み~」

    • 永井康敏 横浜ウォーター株式会社 取締役
    • 「社会貢献からビジネス展開へ」

    • 松鷹恵市 公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団 常務理事
    • 「コカ・コーラ教育・環境財団について」

ファシリテーター
東京大学新領域創成科学研究科准教授 鎗目 雅