東京大学

科学技術振興調整費

トップページメッセージ

メッセージ

プロジェクトオフィスよりご挨拶

味埜 俊 教授

味埜 俊
教授
新領域創成科学研究科
サステイナビリティ学教育プログラム側代表

環境問題は常に地域特有な形で現れます。しかし、その解決には地球全体のことを視野に入れつつ包括的な立場から取り組む必要があります。環境問題の解決のために活躍することが期待される環境リーダーは、問題の技術的な解決のみならず、サステイナブルな将来のシステムや社会の創造をも担っていかなければなりません。

APIELは、こうした課題に求められるであろう、体系化された知識や実践スキル、そして経験を提供することを目的としています。

APIELは、東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラムと、同工学系研究科都市工学専攻都市環境工学講座とがそれぞれの長所を生かして協力した結果生まれたものです。私は、両者の協力がAPIELの大きな強みであると確信しています。前者は学際性を、後者は環境技術及び環境管理についての強固な基盤をAPIELのカリキュラムに提供できるからです。

私達は、環境分野において主導的な責任を果たしていく意志をもつ学生達に、独自の学習の機会を提供する強力なベンチマークプログラムを創り上げるべく、ベストをつくしていきたいと考えています。


花木 啓祐  教授

花木 啓祐
教授
工学系研究科都市工学専攻側代表

APIELは日本人と留学生の両方を対象にした大学院の教育プログラムであり、国際的なネットワークの形成と活用が大きな役割を果たすことになります。

環境問題の解決には、様々な学問分野の協力が必要であると同時に、国ごとに異なる状況を理解し、その国に適した方法で環境の保全を進めていくことが必要です。言い換えるならば、環境学・サステイナビリティ学のような地域密着型の研究領域では、それぞれの地域における研究が重要なのです。その意味においてこのプログラムでは、アジア各地の教育・研究機関との共同が成功への鍵だと言えるでしょう。我々は本学学生に対して、これらの地において実践的な演習を展開し、同時に、教員・研究員は各地で研究と教育活動を展開します。このような活動のためには、大学間・地域間協力のためのネットワークの存在が不可欠です。

このネットワーク形成にあたって私は、プログラムの修了生が重要な役割を果たすことを期待しています。また同時にAPIELは、このような教育プログラムを実施することによって、我々教員同士のネットワークを活性化する役割をも果たしてくれるものと考えています。